好きを仕事に.com

好きなことを仕事にしている人へのインタビューブログ

独立前は事務職OL。カラー診断や骨格診断の資格を持つイメージコンサルタントに

痛くないパンプスのセミオーダーも開始

イメージコンサルタント高橋恵梨香(エリカ)さん。カラー診断や骨格診断の資格をお持ちで、ファッションのアドバイスをしたりしています。初対面の人と会うときはこの色の服がいいですよ、あなたの骨格(体格)に合う服はこういう系ですよ、というふうに。2015年11月に 合同会社エリッカーレ 創業。

f:id:lifework4510:20170829084141j:plain

写真:小西隆博 さんに撮影していただきました。

 

元々は事務職のOLさんです。そこからいきなり独立しました。数ヶ月前からはパンプスのセミオーダーを始められたのですが、私自身も少なからずパンプスで痛い思いをしてきたので、お話を聞いてすごく興味深かったです。今回、エリカさんのオフィスにお邪魔させていただきました。

f:id:lifework4510:20170819191738j:plain

左から2番目がエリカさん。左から3番目が私。エリカさんのお仕事とジャンルが近そうな知人も呼んでみました。写真: 小西隆博  

 

独立を考えたのは、結婚していて転勤できなかったから

はる:エリカさん、前の仕事は何してたんでしたっけ?

エリカ:マンションの管理会社の事務です。全国転勤の可能性のある総合職で、はっと気づいたら全国勤務の総合職は私1人だったの。結婚してるし北海道とか行けないなぁって思って。

はる:それは厳しいですね。

エリカ:支店にいる人がいつ産休とかなったりしてもおかしくはない。北海道と東北、沖縄には1店舗ずつしかなくて、そこで誰かが抜けたら、確実に私が行くことになる。もしくは辞めるか。怖いまんまずっといるの嫌だなって。

はる:確かに怖いです。

エリカ:まだ異動が出てるわけではないから急がなくてもいい。手に職つけたいってずっと思ってたし、じゃ好きなことやろうって考えたときに、小さい頃、色鉛筆をひっくり返してきれいに並べるという遊びをしていて。

はる:赤から順に並べて青に…というような?

エリカ:そうそう、グラデーションになるように。まぁ色は好きだなって思って、それでパーソナルカラー診断を習い事がてら始めました。

f:id:lifework4510:20170819184056j:plain

エリカさんのパーソナルカラー診断は私も受けたことがあります。その人の肌などを見て、似合う色を診断するものです。

 

はる:じゃ、始めは習い事だったんですね。転職を考えてた時期ではあるけど。

エリカ:そう。習い事感覚。そしてお洋服の提案するなら骨格診断もあるって知って、そういうのをひっくるめてるイメージコンサルタントコースをやってみたらおもしろかったから、お仕事にしたいって思って。でもハローワークのおっちゃんに散々言っても、何だいそれは、って。

はる:そうなんですね(笑)

エリカ:イメージコンサルタント、会社としてやってるところはあんまりなくて。ほとんどは個人事業主でやったりとかなんですよね。自分でやるしかないのかなー、じゃあやろうって思ってやっちゃったから、けっこう周りの人はびっくりした。

はる:旦那さんはどう言ってましたか?

エリカ:やるのって言われて、うんやろうかと思ってるんだよね…んじゃ、やるんでしょって。

はる:穏やか。。

エリカ:自分で決めてることどうせやるだろうし、俺がやらせないって言っても、ずーっと文句言うでしょって。分かってらっしゃる。

はる:旦那さんいい人だなぁ。

 

スポンサーリンク

 

 

独立当初のお金とオフィスの話

はる:それまでないじゃないですか、基盤というか…

エリカ:基盤、ない!!ほんとになかったから、1から開拓。口コミとかで。

はる:1人が暮らせるのが20万とか30万とかだし、まずはそれくらいを目指すじゃないですか。独立した直後って…

エリカ:全然いかない。あ、何に使うかは分からないけど1年は暮らせるくらい貯金はしていた。あと、お金のラインは決めてた。この金額を切ったらバイトするなり会社員に戻るかも知れない、でもそれまでは続けようって。

はる:そうやって決めておくといいですね。

エリカ:でも独立してからはそれは大変だったよ。経営や経理のこともよく分からない。もうちょっと勉強してから会社辞めても良かったかもなって思うときは、何回もあった。

はる:エリカさん、前は区の施設にオフィスがありましたが。

f:id:lifework4510:20170830194208j:plain

東京都北区の創業支援施設「ネスト赤羽」。創業して間もない起業家へのオフィス提供などを行っています。この建物内に入居企業のオフィスなどなどがあります。

 

エリカ:会社辞めるのが決まったくらいのときに、主人が区の情報誌を見て、安くオフィス借りれるらしいよって教えてくれて。ただ、審査に通らないと入れない。…んまぁ入れないけど、事業計画、自分だけだったら作らないけど提出するってなったらしっかり作るから、作って応募してみるって言って。

はる:ほんと旦那さんいい人!

エリカ:結局は入居することができたんだけど、そこがスタートとしてはすごく良かった。創業してまだ数年の人たちがいっぱいいるから仲良くなったり、創業サポートをしてくれる方がいるから相談させてもらったりとか。そういう創業支援施設とか、他の自治体でもあるかも知れない。

はる:ここに移転しようと思ったのはどうしてですか?

エリカ:ネスト赤羽は3年しかいられないと決まってたから。新しいオフィスを探し始めて、ここは初期費用も普通に住むのと変わらないくらいで、駅チカで場所もいいし、どんぴしゃで。

はる:普通の安いアパート借りて事務所にするっていうのはダメなんですか?

エリカ:不動産の契約するときに事務所可能かが書いてあるから。オフィスとなるとお客さんとか取引先の人とかけっこう出入りが激しくなっちゃったりするわけだし。

はる:そうなんだ…知りませんでした。。勉強になります。

エリカ:私もやり始めのとき全然そういう知識なかったから。住居用のアパートだと例えば敷金が家賃の1ヶ月分、礼金1ヶ月分、その他の費用も合わせて初期費用は家賃の4ヶ月分くらいだとして、事務所利用だと敷金が半年分で初期費用を1年分くらい用意しないと入居できないこともある。

はる:そんなにかかるんですか!オフィスって大変なんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

なるほど!パンプスが痛くなる理由

f:id:lifework4510:20170827195327j:plain

足のサイズを測ったら写真下のサンプルからパンプスの色と素材を選び、職人さんに作ってもらうセミオーダーをされています。(写真:小西隆博

 

はる:そうそう、パンプスの話。パンプスやろうって思った理由は?

エリカ:お洋服の提案でお買い物同行して、洋服でよしってなって、最後の靴で、、、この色合いますよ、この形合いますよとかルンルンで言って、で、履いたら痛いって言われて…

はる:めっちゃ分かります。私、靴が本当に合わない人なので。

エリカ:靴のワイズって聞いたことありますか?靴の幅で、よくデパートとか靴屋さんで売ってるのは、Eとか、EEワイズ。なんですけどほんとはAからあって。

例:24.0㎝の靴のワイズ

A:210mm B:216mm C:222mm D:228mm E:234mm EE:240mm 3E:246mm 4E:252mm F:258mm

ワイズ(足囲):親指根元と小指根元の、最もふくらんでいる部分をぐるっと一周したときの長さ

靴のサイズについて | シューフィッター養成認定機関 FHA 足と靴と健康協議会

【ニッセン】靴のサイズガイド 

エリカ:おしゃれするには痛いの我慢するしかないんだなって思ってたんだけど。私はAかBっていうのを知って、AとEだと、4つ違うから、4×6mmで、2.4cm小さいってことになるから、まぁ綺麗に歩けない。

はる:私は逆に、幅が広いんですよね。つま先が入らない。

エリカ:幅が広い人は幅に合わせて買ってるから、長さの線、つま先とかかとは空いてるかも知れない。

はる:そうかも知れないです。

エリカ:空間ができちゃうから擦れる。合ってれば靴擦れ解消できる。そして親指のつけ根と、小指のつけ根、かかとの3点でしっかり重心とれていればしっかりと歩ける。かかと1点だとグラグラしちゃう。3点で押さえれば、ぐらつかない。

はる:力学的ですね!

エリカ:フルオーダーだと20万30万するけど、サイズ測って作るセミオーダーで、デパートよりちょっと高いかなっていうくらいのスタンツで行こうかなって思ってます。

f:id:lifework4510:20170827194055j:plain

「タイルの溝にヒールがはまってしまう」「靴を長持ちさせるには」などなどの相談にもエリカさんは答えてくれました。

 

靴を作ってる知り合いは1人もいなかった

はる:靴を作る職人さんとはどうやって繋がったんですか?

エリカ:私、靴を作ってくれるつては1個もなかった。誰か紹介してっていうのを、会う人会う人に言ってたの。そしたら数ヶ月後に見つかって。信用金庫のお兄ちゃんから。

はる:そんなところから!

エリカ:最近事業どうですかーって言われて、今度パンプスをやりたいんですよね、パンプス作ってくれそうなところないですかって聞いて。

はる:そんな感じで聞いてたんですね。

エリカ:パンプス作ってるところは分かんないんですけどって言われて、でもそれまで靴の知り合いゼロだから、靴に近いことをやっている人を紹介してもらって会いに行って。そうやって何人もの人を紹介してもらってわらしべ長者のように靴職人さんにまで辿り着きました。

はる:すごいですね。繋がるもんですね。

エリカ:本っっ当につてがなかったんだよ、靴屋さん。つてがなくても、どうにかなる。でも、こういうところを探してるっていうのはしっかり言ってた。パンプスで、セミオーダーで、幅まで調節して作ってくれるところって。

はる:具体的に言っていたのが良かったのかも知れないですね。

エリカ:イメージコンサルタント始めるときも一緒。人がいなかったら私、できない。繋がんなかったらできてない。ほんとそれでやってるから、ありがたい。

はる:1から開拓ってこういうことなんですね。何もなかったところから独立してやってこられたエリカさんのお話、すごくためになりました。ありがとうございました!!

 

★9/28(木)、エリカさんのパンプスセミナーあります!

詳細はFacebookイベントページにて↓

9/28 18:30- もう痛くない!パンプスの選び方セミナー

 

スポンサーリンク

 

 

合同会社エリッカーレ ~繋がる…広がる…そして豊かになる~

エリッカーレ

 

東京都北区  創業支援施設 ネスト赤羽

www.nest-akabane.com

 

写真撮影してくれた小西隆博さんのサイト

takahirokonishi.com

 

8centi 働く女性へのインタビュー動画

(インタビューに同席してくれた華子ちゃんが編集をしているサイトです)

8centi.jp

 

 ロゴと名刺できましたの記事

(インタビュー同席のありさちゃんが本サイトのロゴつくってくれました)

blog.lifework4510.com

 

関連記事:

blog.lifework4510.com

 

blog.lifework4510.com

 

スポンサーリンク