好きを仕事に.com

好きなことを仕事にしている人へのインタビューブログ

コードブルー最終回感想!白石先生のリーダーシップと灰谷先生への言葉

医者に対する見方が変わりました

コード・ブルー最終回。いやー、全部が全部ってわけではないですが、いい方向にまとまってすっきりした終わり方でした。

 

今回すごいなと思ったのは、白石先生の現場での対応です。ああいう現場では、医師のリーダーって消防や警察、何百人もの人に対して指示を出す必要があるのですね。ドクターヘリに乗る人、救急救命センターの人って、医師として優秀なだけではなく、現場でいかに対応できるかが必要なんだなということを知りました。今回に限らず、コードブルーTHE THIRD STATIONをずっと見てきて感じてきたことでもありますが。

 

スポンサーリンク

 

 

元々私、医者にそんなにいいイメージありませんでした。実は。というのも、大学進学にあたって、偏差値が高いからという理由で医学部を目指す人が周りにちらほらいたので…そんな理由で人の命を預かることになる医学部を目指すのかと。とは言っても医学部に限らず、本当に進みたい方向というよりは偏差値だったり、「〇〇大学に行きたくて受かりやすいのは〇〇学部だから」という理由で受験するところを決めるという同級生の多さにびっくりしましたが…まぁ私も、大学進学にあたってしっかりやりたいことを決めていたかと言われたらそうでもないので、偉そうなことは言えないのですが。

 

若気の至りでそういう心境でしたが、でも自分がけっこう長引く怪我をしてお医者さんのお世話になったときに、お医者さんってありがたいって思ったんですよね。他人の体のことだから分からないはずなのに、知識と経験をもって対応してくれる。本当に患者さん(こちら)のことを考えてくれてる方もいて。医者という職業に対する考え方が変わりました。

 

そしてコードブルーを見て、医療の知識と経験があるだけでなく、リアルな現場で対応しているドクターの存在を知って、ますますお医者さんってすごいなと思うようになりました。フィクションとは言え、実際から遠すぎず、こうやって奮闘されている方のおかげで助かっている命もあるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

 

灰谷先生の成長が楽しみ

トラウマが原因でヘリに乗れなくなった灰谷先生、白石先生から励まされて最初は「白石先生みたいにすごい先生には分からないんです。簡単に言わないで下さい」と拒絶しますが、そのあと藍沢先生と話していた会話からしたら、何気に白石先生、すごい先生って言われたのがうれしかったのね。

 

そんな灰谷先生に、決して自分はすごくないということを話した白石先生。そして「あたなの成長を楽しみにしている指導員がいる。それは私」「ゆっくりでいい」って伝えていましたが、こう言ってもらえて灰谷先生、ほっとした表情でした。白石先生にこんなこと言われたらめちゃくちゃ嬉しいでしょう。灰谷先生はこのままヘリを降りてしまうのかなって思っていましたが、時間をかけてでもヘリに戻ってきてくれそうですね。灰谷先生が成長していく姿、私もすごく好きでした。

 

たくさんの人の命を救える医者になりたいって救急救命センターにやってきて、精神的な理由でヘリに乗れなくなって、それでも復帰できたらという気持ちを心のどこかに持ち続けている灰谷先生。素敵だなー。

 

今回ちょっと思ったのが、白石先生、ベテランの貫禄あるしすごいんだけど、でもどこか「私はそんなにリーダーシップはないし」って言われたら、それも納得なんですよね。そういう、キャラに曖昧なところもある白石先生を演じることができる新垣結衣ちゃんって、ほんと女優さんだなって思いました。ガッキーに限らず、コード・ブルーは演技上手い人ばかりでした。

 

新海先生のことが腑に落ちない…

ほぼめでたしめでたしとなった最終回ですが、1点、すごーくモヤモヤしていることが…トロント大、藍沢先生が行くことになってそれは全然問題ないんですけど、もっと新海先生に花を持たせてあげてもいいじゃないかなーと。。新海先生も優秀な先生なんだしさぁ、かなでちゃんの件は人間だもの、魔がさした部分があったにしろ、トータルで評価したらいい手術をしたわけだし、最終回、新海先生の見せ場ゼロで。。。わりと新海先生のことも好きだったので、残念でした。

 

1番嬉しかったのは、優輔くんの元気な姿が見れたこと

ハッピーなニュースは色々あったけど、1番良かった場面は、優輔くんのシーン。もう何年も移植手術を待ち続けて、大人でも耐えがたい状況なのに、周りの大人に気を遣って気丈にふるまってきたゆうすけくん。車椅子から降りて何歩か歩いて。晴れやかな笑顔で。大きくなったんだなーっていう言葉と、涙ぐむ橘先生を見て、本当に良かったなと思いました。

 

関連記事:

blog.lifework4510.com

blog.lifework4510.com

blog.lifework4510.com

 

スポンサーリンク